女性を助ける働き

女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをするイソフラボン


エストロゲンとは、女性ホルモンの一つで女性にとって非常に大切なホルモンであることがいえま
す。
女性と男性は、体の作りも違く、妊娠や出産、生理など機能も全く違います。
女性の方が体の負担としては、女性の方がホルモンを活用し、バランスがしっかりしているその過
程には、ホルモンのバランスが密接に関わっていて、非常に大切なポイントとなります。

ホルモンバランスが崩れてしまうことによって、生理不順になったり子供を授かりたいのになかな
か妊娠できないなどといったことは、ホルモンバランスが崩れていることが原因となっているといっ
た場合もありますので、
まずはホルモンバランスを整えることによって、正常な動きとなるように生活において見直してみま
しょう。

しかし、出産を経験し、40代以降になるとエストロゲンは減少しはじめるといわれています。
年齢によるホルモンバランスの乱れは止めることはできませんから、他の効果でホルモンバランス
を補いながら整えることになります。
ホルモンバランスが崩れはじめることによって、体調がよくないなどの症状がおこるようになり、更
年期障害へとつながっていきます。
そうならないためにも、エストロゲンの低下において補うためにエストロゲンを増やすことが必要に
なるのです。

この働きと同様とされているのがポリフェノールの一種でもあるイソフラボンであり、女性ホルモン
の激減の緩和に効果があるといわれているんです。
また、このイソフラボンと一緒に青汁を飲むことをおすすめします。
青汁は栄養素が豊富な健康食品なので様々な効果をもたらしてくれるでしょう。
イソフラボンは一般食品にも多く含まれている成分になりますから、手軽に摂取できます。
イソフラボンの1日の摂取量の目安はこちらを参考にしてください。
上であげたエストロゲンの減少によっておこる更年期障害においても、イソフラボンによって減少し
たエストロゲンを補うことができますから、お互いに支えあいながら体を守ってくれる細胞となるの
でしょう。

どちらも似た成分であることからも、補いながら維持することができていますが、どちらも大切な成
分になりますので、しっかりと覚えておきましょう。
こちらのサイトに イソフラボンの抗酸化作用や心臓病・乳がん・子宮がんの予防効果についてや低価格で購入できるサプリメントについてのサイトがありますので参考にしてください。