女性を助ける働き

大豆の胚芽にたくさん含まれているイソフラボン


みなさん大豆イソフラボンというと、体に良いといったイメージのある方が多くいらっしゃるのではな
いでしょうか。
もちろん、体に良いとされる多くの成分に間違いはありませんが、どういったことに効果的であるの
かといったことまで理解しておくことによって、より効果的に摂取することができるかと思いますの
で覚えておきましょう。

まず、イソフラボンとはポリフェノールの一種で女性ホルモンであるエストロゲンと同様の働きをす
る成分であることがいえます。
生活習慣病の改善や予防、更年期障害の緩和や予防など様々な改善効果がみられます。

イソフラボンは主に大豆に含まれているといわれているのですが、実際には大豆そのものではなく
、大豆の胚芽の部分に一番多く含まれているといわれています。
豆全体に含まれているイソフラボンは0.2-0.4%といわれています。
しかし、胚芽の部分だけで比較すると2%となっているので、胚芽の部分にどれだけつまっているの
かがよくわかるかと思います。

胚芽という部分は、これから大豆として成長していくうえで、非常に大事な芽、
根の部分になります。

この胚芽によって、紫外線や酸化物質といった様々なものから守る機能が働くために抗酸化物質
であるイソフラボンが多く含まれているのです。

では、なぜ胚芽自体をそのまま摂取しないのかといいますと、美味しいといえるものではないため
です。
イソフラボンの成分自体に、大豆の苦味やえぐみが全て集まっている部分といわれていて、実際
に胚芽の部分のみを摂取するには苦味が強いとされていたのです。
イソフラボンの成分が非常に多く含まれているのは大豆のみとされています。

また、胚芽には大豆でしか摂ることのできない成分が多く含まれていることがわかったために、発
芽玄米のように胚芽をこして作られ、美味しく食べられるものが注目されるようになってきました。
胚芽はすることによって、香ばしさが増し摂取しやすくなるといったことで、すって加工された大豆
なども注目をあびてきているようです。
こちらのサイトには、イソフラボンを含む食品がいくつか紹介されています。