女性を助ける働き

豆腐、納豆、豆腐などの一般食品でイソフラボンを摂取


イソフラボンとは、聞いたことがあるといった方が多いかと思いますが、実際にどういった効果があ
るかってご存知でしょうか。
意外と知らない効果ですが、理解しておくことによって、より効果的に摂取できますから、基本とな
ることにおいては理解しておくとよいでしょう。

大豆イソフラボンときいたことがあるように、イソフラボンは大豆に多く含まれている成分で、イソフ
ラボンを摂ることによって抗酸化作用による美肌、
アンチエイジング効果や更年期障害の症状の改善や予防、骨粗鬆症における改善や予防、コレス
テロール値を上げる効果があるといわれています。
そんなイソフラボンを効果的に摂れるレシピが紹介されていますので参考にしてみてください。
特に、女性において嬉しい成分が沢山入っているイソフラボンはぜひ摂取したい成分になりますよ
ね。

サプリメントや健康食品などに配合されているものや、化粧品などでもイソフラボン入り、なんても
のをよく見かけますよね。
もちろん、こういったものを購入して健康のサポートとして利用するのも良いかと思いますが、イソ
フラボンは、普段の食生活においてよく口にしている一般食品でも補うことができるんです。
イソフラボンは大豆に多く含まれているといわれていますから、大豆食品である納豆や豆腐、豆乳
などに沢山含まれているといわれています。
イソフラボンにおいては天然成分になりますから、摂取しすぎるといったことはありません。

イソフラボンの一日の摂取量の上限は70-75mgといわれています。その中でも、特定健康食品や
サプリメントでの摂取量は一日30mgが上限とされています。
40-45mgは、一般食品での摂取での目安になりますが、一般食品のみでは上限はありません。
特定健康食品やサプリメントにおいての過剰な摂取は控えるようにしましょう。

一般食品で摂取することによって、無理なく摂取することができますから、ストレスを感じるといっ
たことにもなりませんし、自然と摂取できますから大豆食品は納豆や豆腐、豆乳以外にも沢山あり
ますから、様々な食品によって摂取することで、飽きずに続けることができます。