女性を助ける働き

更年期障害の緩和にイソフラボン


若い頃には、感じなかった疲れを感じるようになったり、何もないのにイライラしたりなど、更年期障
害には様々な症状があるといわれています。
ひどい症状によっては、仕事はもちろん、普段の日常生活でさえ送れなくなるといった方もいて、そ
う簡単な悩みではないようです。
女性に特に多いとされていて、閉経となる45-55歳くらいとなるいわゆる更年期といわれる世代に多
くみられ、更年期である2-3割の女性はそういった症状に悩まされているといわれています。
男性にも、40代以降からおとずれるという男性更年期障害というものもありますから、女性だけとい
うわけではありません。

更年期障害の症状としては、ずっとや耳鳴り、めまいやしびれ、肩こりや腰痛、血圧が不安定にな
るなどまだまだ症状としては数えきれないくらいあげることができます。
精神面においてもイライラや、抗うつ状態など様々あげられます。
更年期障害の原因としては、女性ホルモンに含まれているエストロゲンの減少によるもので、閉経
前後におこりやすいとされています。
これといった治療もない更年期障害は、ただただ苦しみをこらえるといった方も多く、悩みの多い病
院となっています。

そんな中で注目したいものが、イソフラボンになります。
なぜ、イソフラボンかといいますとイソフラボンにはエストロゲンと同様な成分とされているのです。
よって、エストロゲン低下によっておこる更年期障害をイソフラボンのエストロゲンと同様な成分に
よって補うことができるわけです。
イソフラボンと更年期障害や動脈硬化との関係についてまとめたサイトがありますので参考にしてください。

もちろん、完全に同じ成分というわけではありませんから、更年期障害を完全に良くするということ
は、個人差もありますが、なかなか難しい問題であるかと思います。
しかし、似た成分によってエストロゲンの低下を補うことによって、更年期障害が緩和されるともい
われています。
完全なる治療泡はないとされている更年期障害には、よい成分かと思いますので、更年期障害に
お悩みの方は始めてみてはいかがでしょうか。
イソフラボンは骨粗鬆症にも効果的のようです。詳しくはこちらのサイトにかいてあります。