女性を助ける働き

イソフラボン摂取量の安全基準は30mg


イソフラボンは大豆に非常に多く含まれている栄養価の高い成分です。
女性ホルモンでもあるエストロゲンに似た作用があることからも注目を浴びていて、注目を浴びて
います。
こういった栄養価の高さからも、手軽に摂取できるサプリメントや健康食品でも摂取することがで
き、様々な種類が沢山売られています。
栄養価が高いとは知っていてもどのような効果があるのか知らない方もいると思います。
こちらにイソフラボンの栄養素と成分、様々な効果についてはこちらにかいてありますのでご覧ください。
こういったサプリメントなどを利用しながら、
栄養バランスを整えていくことも大切なことといえます。

イソフラボンは非常に栄養価の高い成分ですので、一日の摂取量を目安として摂取するようにし
ましょう。
イソフラボンには一日の摂取目安量といったものがあり、一日あたりの上限値70-75mgとされて
います。
といっても、イソフラボンは大豆成分が含まれている一般食品にも多く使われているため様々な
摂取の仕方があります。
よって、一般食品での摂取を除くサプリメント、健康食品においての摂取量というのが決まってお
り、一日あたり30mgまでが望ましいとされています。

健康に良いからといって、むやみやたらにとれば良いというわけにもいかないのです。
大豆イソフラボンを過剰摂取することによって、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなり、体に
影響を与えます。
また、月経周期の遅れや子宮内膜増殖症などといった症状があらわれるといわれていますから、
きちんと摂取量は守るようにしましょう。

大豆イソフラボンが含まれている一般食品においては、納豆、豆腐、醤油などといったものが含ま
れています。
日常に摂取しているものも多く一般食品を食べ過ぎて副作用がでたといったこともまだないため、
一般食品においては40-45mgともいわれていますが、実際にはあまり気にしなくてもいいようです。

イソフラボンが最近になって注目を浴びるようになってきて、イソフラボンの含まれてあるサプリメ
ントや健康食品が沢山出回るようになり、選ぶことができると同時に、摂取量に気をつけなければ
いけないといったことがあげられますので、正しく摂取し摂り入れましょう。